ヤギ肉

自家飼料飼育にこだわり、最上級の肉を提供します

川添ヤギ牧場では、こだわりの自家飼料飼育により、”クセが強い”のが当然という、これまでのヤギ肉の概念を変えました。

一般的に流通することがなく、そのほとんどが沖縄で消費されてきました。一般的には”クセが強い”とされるヤギ肉ですが、沖縄のヤギ汁を提供する飲食店の匂いの独特さにびっくりした、という経験のある方も多いのではないでしょうか。

何故、川添ヤギ牧場のヤギ製品はクセが無いのか

なぜ川添ヤギ牧場のヤギ肉はクセが無いのか。その答えは飼料と飼育環境にあります。

川添ヤギ牧場では、自家飼料飼育によりヤギの健康状態をコントロールしています。合成資料を一切使用せず、独自配合の特性飼料により理想的なヤギ肉の味を追求しています。飼料には1日あたり1kgのコシヒカリを混ぜるなど、様々な工夫をしています。

さらに、畜舎飼いにより、ヤギの群れを適切な規模や密度にコントロール。体格の差や性格の相性によるヤギ同士の関係性にも最大限配慮することで、肉やミルクの味の大敵となるストレスを軽減しています。

引用:川添ヤギ牧場について

自家飼料にこだわる日本最大級のヤギ牧場

そもそも、日本のヤギ牧場では放牧がほとんどで、放牧中にヤギが自発的に食べる草以外には合成飼料を与えるのが一般的です。これでは飼料内容のコントロールが不十分で、飼料のバランスもヤギに最適化されているとはいえず、結果的にヤギ肉の、望まざるクセが強くでてしまいます。

川添ヤギ牧場では、効率的な自家飼料栽培を行うことで従来の飼料問題を解決しました。これは高知県の温暖な気候によって、年に5回の牧草の刈取が可能なことに加えて、米の栽培が盛んな土地柄であることに加え、日本最大級の飼育頭数をもつ川添ヤギ牧場だからこそです。

引用:川添ヤギ牧場について

川添ヤギの肉の詳細はこちら

フレンチレストランも採用する「川添ヤギの肉」を知っていますか?

川添ヤギ肉のレシピ

サラダチキン風ヤギ肉

サラダチキン風アレンジレシピ~ヤギ肉の治部煮(2〜3人前)~